製品カタログ/日本防草防止工法

 


あきらめないで!道路に繁茂する頑固な雑草を強力に阻止!!


写真左側:雑草防止工法により施工(雑草が全く生えていません!!)

写真右側:通常のブロックで施工。(肌別れして雑草が繁茂しています)

○○○○○○○○イメージ

雑草防止工法の特徴

全国ですでに「数百キロメートル」!

雑草をなくすことで、「警官がよくなり道路環境の改善」になります。

歩行者、自転車走行のような「弱者に優しい構造」で、「交通事故の減少に寄与」します。

維持管理に要する「草刈費用が削減」されます。

ブロックの「施工性は従来と同じ」です。特に舗装材の新設施工や撤去工事なども従来と同じ要領で行えます。

最初に施工をはじめてから十数年と「圧倒的な実績」を誇り、その「施工総延長は数百キロメートル」と日本一です。

施工後の評価も大変よく、官公庁によっては、「従来と同じ価格なら」と「工法指定」をいただく場合もよくあります。

製品単価も施工費も従来施工と全く同様で「積算も至極簡単」です

「NETIS登録はすでに10年間掲載済み」で、実績ともに申し分ありません。現在は「公知の優れた工法として認知」されています。

「従来製品の形状をほぼそのまま確保」しているので車の衝撃荷重に対しても強く、安定性も向上します。

雑草防止工法の突起部は、「植物の成長を確実の止める効果」が有ります。また「舗装部が突起としっかり噛み合う」ため、「舗装がひび割れたり、ずれたりしない効果」があります。

雑草防止工法に対応する製品には、歩車道境界ブロックのみならず「排水型歩車道境界ブロック・暗渠型側溝・鉄筋コンクリートL形・溜桝・L形擁壁」等、多岐にわたります。

詳しくは日本雑草防止工法研究会のページもご覧ください。

NETIS登録番号:QS-980205